話し方・声・見た目…垢ぬけた雰囲気にドキッとしました。

3年前の同窓会でのエピソードです。高校時代、一番団結していた3年生の時のクラスの同窓会が開かれました。団結してはいたものの、高校卒業してからクラスでの集まりは一回もなく、仲良しの女友達とちょくちょく会う程度でした。

 

高校卒業から6年経っていたものですから、ちょっぴりドキドキしながら会場に向かいました。会場は当時クラス委員長だった友達がBarを経営しており、おしゃれな雰囲気の中貸切状態でした。

 

その日は金曜の夜だったのでほとんどの人は日中は仕事。私も仕事だったので30分ほど遅れて会場に到着しました。久しぶりの友達と楽しく飲んだり近況報告をしていると、なんだか見覚えのある男の子が目に入ってきました。

 

その子は高校時代私に告白をしてきてくれた子で、なんだかなよなよしていて頼りないところが嫌で振ってしまった子でした。そんなことは気にもせずに気軽な感じでまた話しかけてくれました。

 

「おう!久しぶりじゃん!元気?」

 

と、その話し方も、声も、見た目も、なんだか高校時代より一皮も二皮も垢ぬけたような雰囲気に、少しドキッとしてしましました。

 

あんなになよなよモジモジしていたのに、なんか男らしくなってない?と、心の中でプチパニック。

 

隣の席に座った彼はブランドの腕時計を付け、グラスがあくと「何飲む?」と聞いてくれるような気遣いもありました。

 

しばらく話していると、「俺さ、高校の時お前に振られて、そのとき頼りないって言われたじゃん?その言葉がショックすぎて体鍛えたりいろいろ頑張ったんだよー」と笑って言われました。

 

まだあのときのこと覚えてたんだ、そう思うとなんだか切ない気持になりました。

 

もしかしたら今からでも付き合えるのかな…と淡い期待を抱きはじめたころ彼が言いました。

 

「俺、結婚したんだ!」
「そうなんだ・・・」

 

高校時代に振ってしまったことへの若干の後悔と、切なさと、ドキドキと・・・。複雑な気持ちで帰宅しました。同窓会で久しぶりに会うと人はよくも悪くも変わっているものですよね。

 

異性のギャップには本当にドキッとしてしまします。これが私の素敵だなと思った男性のエピソードです。