私を気遣って椅子を持ってきてくれた彼を素敵だと思いました。

同窓会というと当時の友人たちと話すことが楽しいわけですが、そこに同性も異性も基本的に関係ありません。学生のときに何かしらの関係があれば、思い出話に花が咲きます。

 

友人と話していたとき、ある男性に話しかけられました。

 

思っていたよりも声が低くて驚きましたが、中学のときにそこそこ仲がよかった男子でした。

 

隣同士の席になったこともあり、結構仲良く話していました。

 

中学を卒業してから何度か会ったことはあるのですが、同窓会で久しぶりに会いました。

 

着ているものは他の人と同じようなオーソドックスなスーツでしたが、他の人とあまり変わらないからなのか、逆に彼の個性が出ていたような気がします。

 

実は私はそのとき膝を痛めていました。

 

日常生活に多少の支障がありましたが、久しぶりに会いたい人がいたので頑張って参加したのです。

 

周りにはばれたくないと思って平気なふりをしていたのですが、時間が経つとやはり無理がきかなくなっていました。

 

ただ、そこにいる誰にも膝のことは言っていなかったのですが、彼には気づかれました。

 

聞かれて黙るほうもおかしいので、膝のことは正直に言いました。

 

そうしたらなんと、椅子を持ってきてくれたのです。なんだか泣きたくなるくらい嬉しかったです。

 

そこからは私は座って、彼は立ちながら会話をしました。

 

座っている人がいるのか珍しかったのか、色んな人が来てくれました。

 

私は話すことが苦手なのですが、彼が架け橋になってくれて色んな人と話すことが出来ました。

 

とても楽しかったですし、参加出来てよかったと思いました。それと同時に、この人と付き合う人や結婚する人は、幸せなんだろうなとも思いました。

 

確かに以前から気遣いの出来る人でしたし意外なかんじは全くないのですが、だからこそ彼の良さを実感出来た気がします。

 

彼に恋愛感情的なものは全くないのですが、それでもこれから友人として付き合っていきたいなと思い、ツイッターのアカウントを交換したのでした。