カウンセラータイプの男性になってみよう

モテる男に関する口コミ08

女性は自分の話を聞いてもらいたいタイプの生き物です。

 

どんな女性であろうと、自分の話を聞いてくれる男性には、好意を抱きます。

 

そういう意味で、相手の話を聞きだし、うなずき、肯定してくれる男性は必ずモテます。まさに、カウンセラー的な対応ができる男性がモテるのです。

 

カウンセラータイプの男性になるためのテクニックにはいくつかあります。

 

 

まずは、相手の話を否定せずに、いらいらせずに聞きとおす、ということです。女性の話は、筋道がありません。起承転結がないと言ってもいいでしょう。結論もありません。オチもありせん。

 

ひたすらに、時系列に沿って自分のことを語ります。それを聞いている大概の男性はいらいらして、「それで?」とか「結論は?」とか「要するに?」とか言ってしまいますが、それはNGです。とにかくひたすら聞く、聞き続ける問うのが最大のテクニックです。

 

そして、さらに上級になると、「適度に質問を投げかける」というテクニックもあります。これは相手に話しやすい環境を作ってあげるためのテクニックで、「それでその時どう思ったの?」とか「それで翌日はどうしたの?」というような質問を投げかけると、相手は自分の話をちゃんと聞いていると思って、一層好意を抱きます。

 

そして、さらにキラーテクニックです。それは「おうむ返し」です。これはカウンセラーがよく使うテクニックで、相手の話を繰り返す技です。たとえば、相手が悲しかったという話をしたら「悲しかったんだね」とその言葉を繰り返すのです。これをされると、相手はさらに自分の話に共感してくれていると思い、そういう男性に好意を抱くどころか、依存的な気持ちさえ持ってしまいます。

 

このようなカウンセラー的なテクニックを持っていれば、ほとんどどんな女性でも落とせると言っても過言ではありません。